メニュー

臨床検査部のご紹介

ごあいさつ

当院ではMRIとエコー検査は検査技師が行っておりますので画像関係のスキルを身につけることができます。そのほかにも生理機能検査関係では心電図、肺機能検査、脳波検査、筋電図関係の検査などを行っており手術中の筋電図のモニタリングも担当するためOPE室に入ることもあります。

また採血業務も検査技師が主に行います。外来の患者様だけでなく、入院中の朝の採血も検査科で担当しています。検体検査は日中はSRLによるブランチ体制で行っておりますが、夜間、休日の緊急対応は当院の技師で行います。したがって緊急検査に対応できるように、生化学、血液、一般、血清、輸血などの検査もできるようにならなくてはなりません。

そのほかに、温熱療法の治療にも看護部、放射線科と協力して携わっています。以上の検査を10名くらいの技師で行っておりますが、当院では”技師全員がすべての検査を同じようにできるように”をモットーとしておりますので、検査科の誰かがいればどんな検査でも対応できるよう日々努力しております。

臨床検査部の教育・研修

  • 院内の勉強会、講習会への参加
  • 部内での業者を交えての勉強会の開催
  • 技師会やその他企業などによる勉強会、講習会への参加の補助
  • 学会参加の補助

臨床検査部の職場紹介

MRI室、生理機能検査室、検体検査室に分かれて検査を行い、採血は検体検査室の入口付近で行います。

スタッフ・インタビュー

スタッフ・インタビュー①

3年目になります。仕事は検査全般を担当しています。当院の検査科ではMRI、生理機能検査、検体検査、採血などの業務を日替わりでローテーションしているので、覚えることはたくさんあって大変ですがいろいろな検査の技術を身に着けることができてやりがいはあります。

検査業務は主に外来患者の数によって忙しさは変化するので曜日によって検査件数は多少変化します。残業も少しはありますが、時差出勤で対応しています。私は電車通勤ですが、駅からは、患者様用の送迎バスだけでなく職員用にも通勤、退勤時に送迎バスを出していただけるのでとても助かります。先輩方はとても優しく、患者様も温厚な方が多いので、アットホームな雰囲気で職場の環境はとても良いと思います。

この病院で検査技師として働いているといろいろな検査の技術が身につくことにより患者様の病状を、検査データやMRI、エコーなどの画像データ、心電図や脳波など多角的にみることができるようになりました。今後は研修や講習会に積極的に参加して、より専門的な技術を身に着けていきたいと思います。

スタッフ・インタビュー②

1年目です。今年入職したばかりなのでまだ多くのことはできませんがMRIや採血などを主に担当しています。1日の中では午前中からお昼くらいまでが忙しいです。午後は、主に予約や入院中の患者様を検査していますが、午後が暇というときはあまりありません。私は車で通勤していますがバイパスも近く、大きな渋滞もないので通う安いと思います。

当院には、先進医療機器がたくさんそろっているのですれらに携われることはとても良い経験になりますが高額な機器のため少し緊張します。先輩方はとても話しやすく、質問してもわかりやすく教えていただけるので職場環境はとても良いと思います。

今後は、まずは自分のやるべき仕事をしっかりと覚えて、特にMRIは学校ではあまり教えてもらえなかったので覚えることは多いですがしっかりと勉強して、病院の役に立てるようになりたいと思います。

出身校一覧

  • 群馬大学
  • 北里大学
  • 藤田保健衛生大学
  • 筑波国際大学
  • 千葉化学大学
  • 岐阜医療科学大学
  • 昭和医療技術専門学校
  • 新潟医療技術専門学校
  • 東洋公衆衛生学院
  • 西武学園医療技術専門学校

職場見学のご案内

見学や実習など常時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

採用に関するお問合せ

臨床検査部 検査長 石田
または   主任  北原

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME