メニュー

臨床工学科のご紹介

ごあいさつ

臨床工学科主任
飯塚淳也

現在当院では4名の臨床工学技士が常勤しております。
主な業務として高気圧酸素治療業務、手術室業務、医療機器管理業務を行っています。
スタッフ全員が全ての業務を高いレベルで行えることを目指しており、医師、看護師、その他スタッフと協力しながら業務を遂行しています。

業務内容

1、高気圧酸素治療業務

当院では1型の高気圧酸素治療器を3台保有しております。主な疾患としては突発性難聴、脳梗塞、脊椎神経疾患、放射線障害、放射線治療と併用される悪性腫瘍などで、入院、外来合わせて年間4500例余りの治療を行っております。

安全な治療を行うために臨床工学技士が日常の点検及び機器の操作を行っております。直接治療に携わる業務であるため責任感が身に付き、また患者様の病態改善の喜びを得ることができます。

2、手術室業務

手術室での臨床工学技士の業務は主に術中モニタリング(MEP、SEP、ABR)、術中機器操作(セルセーバー、ナビゲーションなど)及び術中器械出しを行っています。

術中モニタリングは主に脊椎や脳神経外科の手術で年間300例余りを行っており、手術の安全確保に役だっております。またナビゲーションなど最新の機器の操作も行っており、手術室スタッフの一員として日々成長することができます。

3、医療機器管理業務

当院では医療機器中央管理室があり、医療機器管理システム(MARIS)を用いて医療機器を中央管理しています。輸液ポンプ、シリンジポンプ、ベッドサイドモニター、人工呼吸器、除細動器など様々な医療機器の保守管理、点検を行っております。これにより清潔、安全かつ効率的に機器を使用することができます。 直接目には見えにくい業務ですが非常に重要で、縁の下の力持ちの役割を担っています。

臨床工学科の教育・研修

日本高気圧酸素・潜水医学会学術集会・総会
静岡県臨床工学技士会各種セミナー

臨床工学科の職場紹介

高気圧酸素治療室、手術室、医療機器管理室での勤務になります。
配属はなく勤務はローテーションで行うため、全ての業務を習得する必要があります。また医療機器は日々進化しており今後新たな業務が加わっていくことが予想されます。

スタッフ・インタビュー

スタッフ・インタビュー①

私は入職して4年目になります。元々他職種の仕事をしておりましたが、医療現場で働きたいと考え臨床工学技士の資格を取得しました。最初は何もかもが初めてで戸惑いがありましたが、上司や同僚はもちろん、他部署のスタッフも皆協力的ですぐに職場に馴染むことが出来ました。

当院での臨床工学技士の仕事は治療や手術に携わり、患者様の喜びの声が聞けるためとてもやりがいがあります。病院では最新機器が次々と登場してくるので知識量を増やし、日々成長していきたいです。(30代、男性)

スタッフ・インタビュー②

私は以前透析室での勤務をしていましたが、手術室での仕事がしたいと考え当院へ入職しました。最初は見たこともない医療機器に驚きと不安がありましたが、同時に臨床工学技士の仕事に無限の可能性を感じることが出来ました。この病院での仕事は多くの業種があるため、毎日同じことの繰り返しがなく、他職種と関わりが多いためコミュニケーションの大切さを学ぶことができます。

また病院が外部勉強会や、資格取得などを積極的に支援してくれるので、今後様々なことにチャレンジしていきたいと考えています。(20代 男性)

出身校一覧

  • 国際医学技術専門学校
  • 鈴鹿医療科学大学 医用工学部
  • 静岡医療科学専門学校

福利厚生・子育て支援

  • 保険制度(勤務期間等により、各法令に準じ支給)
  • 食事手当あり
  • 交通費支給あり(公共交通利用者、最大1万5000円/月、車通勤は実費相当額、駐車場無料)
  • 結婚祝金の給付等

職場見学のご案内

病院見学は学生、中途採用問わず年中受け付けております。
見学希望の方はお電話にて日時の調整をさせていただきます。

ご応募

ご応募は、以下の「応募フォーム」よりお願いいたします。

応募フォーム

採用に関するお問合せ

採用に関するお問い合わせは、以下の「採用お問合せ」フォームよりお願いいたします。

採用お問合せ

※お電話でのお問合せも受け付けております。お気軽にご連絡ください。

TEL:054-643-1230(代)
担当:臨床工学科 飯塚
受付時間:(平日)9:00~16:00

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME